オススメリンク
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
がん治療を行う病院の看板

postheadericon.png 胃がんの効果

胃がんの効果とは、胃に必要とされる細胞が働かなくなるようになりますので、胃で食物などを消化をすることができないようになっていく効果があります。

胃がんは腫瘍となっていますので、直接除去をする手術を受けることも出来るようになっていますが、投薬治療を目指すこともできます。

がんの種類には、その他にも乳がん、肺がんなどを挙げることができます。どれも手術で治療をすることができたり、投薬で治療をすることができます。

がん治療を行う病院の目印

postheadericon.png 胃がんの対策

胃がんを防ぐために果物を摂取することは、非常に効果が高いことです。

他にもたばこを吸わず受動喫煙も避ける、過度な飲酒をしない、塩分を過剰にとらず果物や野菜をしっかり取り飲食物を熱い状態で取らないなどに気をつけながら食事のバランスを考えて食べる、適度な運動をして体型を維持するといった日常生活の中での行動が、がん対策として挙げられます。

そしてこれらのことは胃がんを予防するだけでなく、乳がんや肺がんなど他のがんの予防にも繋がっているのです。

がん治療を行う病院

postheadericon.png 胃がんとは

胃がんは胃の主に円柱上皮細胞から発生する悪性腫瘍で、日本人に多く発生する癌として重要です。

形態によって1型から4型までに分類されますが、特に4型はスキルスとも呼ばれ、若年女性に好発する予後不良なタイプです。胃がんの原因として、特に日本ではヘリコバクター・ピロリの感染によるものが多いとされています。そのためスクリーニング検査としてこの菌がいるかどうかを調べ、存在が確認された場合は除菌療法を行うことで癌化のリスクを軽減することができます。

治療は手術が主ですが、進行する前であれば上部消化管内視鏡により低侵襲に切除することができるので、早期発見が重要だと言われています。

がん治療を行う病院の受付

postheadericon.png 肺がんの原因

肺がんと乳がんは患者数が増えてきています。胃がんは逆に下がってきています。

肺がんの原因としては、タバコがありますが、他の原因としては、大気汚染と女性ホルモンの異常が分かってきています。

空気中から吸い込んだ有害物質を除去するときに発生した活性酸素が、肺胞付近の細胞をがん化するリスクを高めています。

女性ホルモンの一種、エストロゲンの濃度が上がり、量が増えることが肺腺がんのリスクを高めることも分かってきました。

肺がん、乳がん、胃がん
肺がんは男性では全がん死の中で最も多く、女性では大腸がん、乳がん、胃がんに次いで多いがんです。

最大の原因は喫煙で、喫煙を開始します年齢が低ければ罹患します可能性が増加し、自分が喫煙しなくても周りの人が喫煙しますと肺がんになりますやすいです。初期に見られます症状は空咳・痰・胸の痛み、発熱ですので、早期では症状の程度が軽く、風の症状と取り違えます可能性が高いです。空咳が風邪と異なり長期間1ヶ月以上継続します場合は、検診を受けることが大切です。

アーカイブ
カテゴリー